アトリエシャンティのスクールブログ
ヨガ・絵画教室・話し方・コミュニケーション講座体験レッスン受付中!
ブログ習い事革命!アトリエシャンティスクール

2017年3月30日

名古屋で人気のこども絵画教室!

お絵かき大好きっこ集まれ!heart_small[1]

 

YUKI_oekakitime15145652_TP_V[1]

 

 

 

 

 

 

 

子どもはみんなお絵かきや工作が大好きです。

おうちでお絵かきや工作をしている姿を見ると、

その能力を伸ばしてあげたい!と思いますよね。

子供の創造力が豊かになったら物作りの世界だけではなく、

子供が生きていくうえで必要な能力が身に付きます。

 

 

それは、

*自分で考えて行動することができるようになる

*コミュニケーション能力が身に付く

image1-1

 

 

 

 

 

 

 

 

このほかにもいろいろあると思いますが

自分で考えて行動できるということは

自分で物事を決められるということです。

 

自分で決めたことは、最後までやり遂げることができますし

その経験が子供の自信につながります。

 

コミュニケーション能力が身に付くということは

自分の思いを表現できるということです。

絵や工作を通じて思いを形にしていくことで

周りの人に伝える方法を身につけていきます。

 

自分の思いや考えを明確に伝えることができたら

周りの人とのコミュニケーションもスムーズにいくと思いませんか?

 

名古屋のアトリエシャンティの子ども絵画教室では

子供の自主性や個性を尊重して

自由にのびのびと創作活動ができる環境を作っています。

 

 

だから、名古屋のシャンティの子ども絵画教室に通うお子さんたちは

いつも笑顔!そして、自分で考えて行動できるようになります。

1477120480721

子どもの能力を伸ばしたいという思いが強くなってしまい

ついつい親がやってしまいがちなことがあります。

 

「間違って覚えたらいけない」と言う考えから

子どもの行動を親の「言葉」だけで修正しようとしたことはありませんか?

 

 

子どもに表現力や創造力を身につけさせたいのであれば

失敗も間違いも自分で経験して

体と心で覚えていくことが一番の近道だと思います。

 

もちろん、危険なことは前もって教えてあげますが

「どうして危険なのか」「どんな影響があるのか」

予測をできるように教えてあげることが大切ですね

kirakira4[1]

 

 

 

 

 

子どもを絵画教室に通わせている場合

せっかくなら創造力を身につけて欲しいと思いますよね。

 

子どもを絵画教室に通わせているだけで

勝手に創造力が身につくものではなく

やはり、周りの大人や親さんの関わり方で、結果がかなり違ってきます。

 


 

ここで、お子さんへの関わり方で

気をつけたい事をまとめました!denkyuu_on1

 

image1

 

 

 

 

 

子どもの創造力を伸ばす為に気をつけたいこと

 

それは・・・

 

  • 教えすぎる

教えないとわからないのではないか・・・という思いから

子供が考える前に先に教えてしまうことや子供がやっていること

例えばクレヨンの持ち方が違うなど口出ししすぎてしまうと

子供は自分で考えられなくなったり

言われたとおりにやろうとするようになります

 

 

  • 比較する

「○○ちゃんの様にもっといろんな色を使って描いてごらん」など

兄弟やお供だちと比較してしまうと

子供は自信を無くしてしまいます。

子供が表現する作品はその子そのものです。

自分を誰かと比べられたり否定されたら辛いですよね。

 

 

  • 型にはめようとする

リンゴは赤、空は青など

普段ほとんどの人が当たり前に思っていることでも

子供はその瞬間表現したいものを表現します。

色も自由に選びます。

 

それを大人の視点で型にはめようとしてしまうと

子供の創造力の芽を摘んでしまうことになります。

 


 

子供の創造力をのばしたいのであれば以上の事に気を付けて

まずは子供の描いた絵を見ながら

どんな気持ちで描いたのかなど

まずは子供の思いを聞いて共感してあげる事から始めてみましょう。

思わぬ子供の創造力に感動するのではないでしょうか?

dsc_0644

 

お子さんの持っている力を

最大限に引き出したいとお考えの方には

名古屋の子ども絵画教室がお勧めです。

 

▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

 

お問い合わせはこちら

img_6827-7.jpg

アトリエシャンティ

TEL:058-337-5852

MAIL:shantinews8@gmail.com

 

 

chi

2017年3月30日

コメント