アトリエシャンティのスクールブログ
ヨガ・絵画教室・話し方・コミュニケーション講座体験レッスン受付中!

子供絵画教室

  • 子どもが安心して習い事に行けるには?

    ~ 岐阜で人気の子ども絵画教室 ~

     

    春は卒業、入園、入学、進級と

    お子さんが新しい環境に身を置く機会がたくさんありますね。

     

    わくわくする反面、不安もあるでしょう。

     

    お子さんはもちろん、親さんも始めての経験だとすると

    お子さんと同じくらい…

     

    もしくはお子さんよりも

    不安を募らせている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

     

    でもそこで注意したいのが、親の言動なんです。

     

    幼稚園や学校、そのほかに新しい習い事を始めるとき、

    そして、子どもを託児で預けるときなど、

    お母さん自身はどんな振る舞いをしていますか?

     

    「大丈夫かな…」

    「泣いたりしないかな…」

    「周りの子と仲良くできるかな」

    など、

    お子さんに不安な心や

    態度を見せたり伝えたりしていませんか?

     

     

    子どもが未知の世界に飛び込む時に

    情報を得られるのは親の言葉や表情などしかありません。

     

    「子どもは親の心を映す鏡」と言われるように

    子どもは親さんの心を見事に映し出します。

     

    子どもは幼ければ幼いほど感受性が豊かなので、

    敏感に親さんの心をキャッチするんですね。

     

    これが、幼稚園や学校だったら

    どもが嫌がっても通わせる工夫や努力をされると思います。

     

    では、習い事の場合はどうでしょうか?

    習い事というとほとんどが親さんと離れる託児式になりますね。

     

    幼稚園や学校だと

    毎日の積み重ねでお子さんも慣れてきますが、

    託児式の習い事はお子さんにとってはまた新たな挑戦の場所となります。

     

    人見知りもしなくて

    親さんと離れることがへっちゃらな子は良いのですが、

    ちょっと人見知りが心配な子だと、

    やっぱりここで「大丈夫かな…」という気持ちが

    ムクムクと湧いてくるのではないでしょうか?

     

    そして、最初にお子さんが泣き出してしまったりすると

    「やっぱり早いかも…」と

    親さんの方が心が折れてしまう…

    といった事はないですか?

     

     

    よく、遠足や運動会といった行事になると

    風邪を引いたり体調を崩すという子がいます。

     

    そのときに親さんが

    「もうすぐ遠足。風邪引かなきゃいいけど…」

    「大事な行事になると風邪引くからなぁ…」

    先のことを心配しているなんてことはありませんか?

     

    寒い時期にお子さんが上着も着ないで外で遊んでいると

    「そんな格好じゃ風邪引く」

    「暖かくしないと風邪引くよ」

    といった声をかけていませんか?

     

    これも一つの以心伝心

    親さんの心や言葉がマイナスチックだと

    少なからずお子さんは影響を受けると思います。

     

    他にこんな経験はありませんか?

    お子さんが走っていて転んでしまったとき。

    あなたならどう声をかけるでしょうか?

     

    「わぁ!大変!痛いでしょ!大丈夫?」

     

    それとも・・・

     

    「大丈夫、大丈夫!

    たいしたことない!すぐ治るよ」ですか?

     

    後者のほうが、お子さんはパッと切り替え

    本当は痛くても

    「これくらい大丈夫」と捉えると思います。

     

    子どもは親が

    「大丈夫だよ」と心をこめて伝えてあげると

    心が落ち着き、頑張る気持ちが湧いてくるものです。

     

    幼稚園、学校、習い事、いずれにしてもお子さんが安心して

    新しい場所に飛び込むときには、

    親さん自身がわくわくして楽しみ♪

    というポジティブな状態でいることが大切です。

     

    子どもが託児式の

    習い事を始めるときの判断基準は?

     

    お子さんが習い事を始めるときに、

    親さんが見ていただきたいのは

    お子さんが楽しそうかそうで無いか

    と言うところももちろんだと思いますが、

     

    一番は

    その教室の教育方針

    大切にしていること

    ご家庭の教育方針に合っているかどうか

     

    そして、人見知りで泣いてしまったり、

    嫌がるお子さんに対してその教室の先生が

    どう接してくれたかを規準に判断されると良いと思います。

     

    お子さんが最初に泣いていても、

    幼稚園や小学校のように通いだしたら慣れてくるので、

    最初のお子さんの様子よりも、

    そちらのほうが大切ではないでしょうか。

     

    image2

     

     

     

     

     

     

     

     

    岐阜のアトリエシャンティ

    子ども絵画教室は様々な年齢のお子さんが通っています。

     

    初めてのお友だちがやってくると

    大きい子が積極的にお世話をしてくれます。

     

    初めての託児式の習い事で緊張していたお子さんも

    お友だちの優しい関わりに安心してお絵かきを始めたり、

    他のお友だちが楽しそうにのびのび創作している様子をみて

    真似をしたりと、すぐに教室の雰囲気に慣れてきます。

     

    岐阜のアトリエシャンティ

    子ども絵画教室は体験のときも託児式なので、

    親さんはお子さんの様子がみられず、

    最初の反応次第で安心したり心配したりされると思いますが、

     

    とにかく体験に連れてこられる前の段階で、

    「お絵かき楽しみだね」

    「お友だちたくさん出来るから良かったね」

    などわくわくポジティブな言葉がけをして

    お越しいただくと良いと思います。

     

     

    ★岐阜のアトリエシャンティ

    子ども絵画教室に通われて

    半年のSちゃん(6才)のママの声

    最初の体験のときにちょっぴり緊張気味だったのですが、

    お絵かきが大好きで通い始めました。

    小学生のお友だちが

    いろいろと話しかけてくれたり教えてくれたようで、

    家でもそのことをずっとお話してくれました。

     

    一人っ子なので、絵画教室にいくと

    色んなお友だちがいて刺激になるようです。

    他の習い事が続かなかったのでお絵かき教室はどうかな?

    とみていましたが、毎回楽しそうで安心しています。

     


     

    子どもはこれからいろんな新しい経験を積んでいきます。

    だからこそ、どんな環境でも

    柔軟に対応できる力をもたせてあげることが大切ですね。

     

    お子さんの自立・自主性・柔軟性を培うなら

    託児式の習い事、岐阜のアトリエシャンティ子ども絵画教室

     

     

    YUKI_oekakitime15145652_TP_V[1]

     

     

     

     

     

     

     

    子ども絵画教室について

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

    体験のお申し込みはこちらから▼

    img_6827-6.jpg

    アトリエシャンティ

    tel 058-337-5852

    mail  shantinews8@gmail.com

     

    chi.

  • 今名古屋で人気の子供の習い事。

    子供絵画教室でどんどん伸びる表現力!

     

     

    4月になり、新年度が始まりました。tree1_haru[1]

    お子さんが進級するタイミングで…と、

    新しく習い事を始められる方も多いのではないでしょうか?

     

     

    お子さんに何か習い事をさせたいというとき

    気になることは何ですか?

    また、どんなことを重視していますか?

     

    ・本当に子どもの為になるのだろうか

    ・子供が習いたいと言ったけれど、ちゃんと続くだろうか

    ・年齢的に小さくても大丈夫?

     

    といった不安や

     

    ・子供に体力をつけさせたい

    ・子供の人見知りを改善したい

    ・子供に集中力をつけさせたい

     

    などなど・・・このほかにも

    いろいろあるのではないでしょうか?

     

    その中で幼いころから身につけておくと

    子供の将来に役立つ能力が「表現力」です。

     

    物事に取り組む上で、成果を出す人の共通点は

    「表現力」にあるとさえ言われています。

    「表現力」というと芸術的な能力や想像力の中で

    必要とされる能力という

    印象をもたれる方もいらっしゃると思いますが、

    普段の日常生活で必要とされる能力なんですね。

     

    「表現力」とは、辞書で引くと

    「感情や思考などを伝達可能な形式に表す能力。

    特に、より効果的・印象的なものとしてそれを伝える能力」

    と書かれています。

     

    日常生活の中で、私たちが相手に何かを伝えようとするとき、

    言葉や文字、絵や画像を用いて表現します。

     

    「表現力」が高い人は、

    自分の考えや

    思いを相手にわかりやすく

    的確に伝えることができるため、成果も生まれやすいのです。

     

    コミュニケーション能力が高いといわれる人は、

    この「表現力」が鍛えられている人なのではないでしょうか?

    では、この「表現力」を身につけるための方法は

    どんなことがあるのでしょうか?

     


    happy_woman61

    「表現力」を鍛える方法

    その① たくさん本を読む

    たくさんの語彙を知っているということは

    文章や言語を理解することや

    自分の表現したい事柄を

    明確に表現できるようになるというメリットにつながります。

     

    その② 自分の意見を持てるようにする

    読書などで語彙力を鍛えたら、

    その上で読んだり

    聴いたりした文章から感じたことを

    「自分はこう思う」と文章にしてみることが大切です。

    まだ文字がかけない子供の場合は、

    「どう思った?」と聴いてあげると良いと思います。

     

    その③ 思ったことを口にする機械を与える

    自分の意見や思いがあっても今度はそれを口にする、

    人に伝えることが大切です。

    周りの反応を気にしたり、間違っていないかなど

    気にして自分の意見を言えない子もいますが、

    やはり身近なお母さんが

    子供の言葉が出てくるのを待ちながら

    話を聴いてあげることが大切です。

     

    その④ 絵日記などで表現する

    大人であれば、日記やブログで文章を書くことで

    表現力を鍛えられますが、

    子供の場合は簡単な絵日記などで

    表現することを覚えると良いと思います。

     

    子供のうちに「表現力」を高めることは、

    どんな場面でも活かされていくと思います。

     

    名古屋のアトリエシャンティの子供絵画教室では、

    子どもたちが自分の表現したいことを

    自由に表現できる環境つくりを大切にしています。

     

    名古屋の子供絵画教室がたくさんの方に

    人気の秘密はそんなところにあるのだと思います。

    %e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba9%e6%9c%88

    名古屋で人気の子供絵画教室が

    なぜ人気の習い事に選ばれるのか?

    アトリエシャンティの名古屋の

    子供絵画教室に通われているお子さんは、

    初めての体験の時からシャンティの雰囲気や講師、

    お友達と馴染んで、時間いっぱい楽しんでいます。

     

    その理由は・・・

    ①自由になんでも表現できる

    子どもが自分の意思をしっかり持って、

    伝えられたり表現できる力が付く習い事

     

    アトリエシャンティ

    名古屋子供絵画教室がこだわるのは、

    子供たちの自主性。

    自由な発想、のびのびと表現できる環境。

    だから、子供たちの心が開放的になり

    自分を表現できちゃう!

     

    ②すぐにお友達ができる

    アトリエシャンティ

    名古屋子供絵画教室は

    協調性が身に付く習い事

    人見知りのお子さんや、

    緊張気味のお子さんも講師や先輩キッズたちのサポートで

    すぐに子供同士仲良くなれる。お子さんの笑顔を見た親さんも安心!

     

    ③休まず続けられる

    継続できるからこそ

    集中力が身に付く習い事

    子供絵画のある日がとっても楽しみ!

    どんなに忙しくても絵画教室だけは休まない!

    そんな言葉が子供さんからあふれ出る教室!

    だから、名古屋で子供絵画教室に通われている親さんに

    人気の習い事になっています。

     

    親さんにとって一番うれしいのは、

    習い事にお子さんが楽しく通われることではないでしょうか?

    無理やり通わせる習い事は、

    本当にお子さんの為になるのか、不安ですよね。

    14963213_1043698842419268_9120577567644156811_n 14937179_1043698909085928_2784204787851943576_n

    通っている方は、

    名古屋の子供絵画教室に通うようになってから、

    おとなしかった子がパワフルになった気がする。

     

    人見知りだったが今は母親の存在も

    気にしないくらいになって安心している。

     

    どんなに忙しくてもシャンティだけは休まないという。

     

    とおっしゃられています。

     

    こんな風に子供が喜んで通える習い事に出会えたら

    子どもも親さんも幸せですよね♪

     

    お子さんの創造力を伸ばし楽しく長く続けられる習い事をお探しなら

    アトリエシャンティ

    名古屋子供絵画教室へ

    お問い合わせはこちら

    アトリエシャンティ

    tel  052-778-9671

    mail  shantinews8@gmail.com

    ▼▼詳しくはコチラをご覧ください▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

  • 名古屋で人気のこども絵画教室!

    お絵かき大好きっこ集まれ!heart_small[1]

     

    YUKI_oekakitime15145652_TP_V[1]

     

     

     

     

     

     

     

    子どもはみんなお絵かきや工作が大好きです。

    おうちでお絵かきや工作をしている姿を見ると、

    その能力を伸ばしてあげたい!と思いますよね。

    子供の創造力が豊かになったら物作りの世界だけではなく、

    子供が生きていくうえで必要な能力が身に付きます。

     

     

    それは、

    *自分で考えて行動することができるようになる

    *コミュニケーション能力が身に付く

    image1-1

     

     

     

     

     

     

     

     

    このほかにもいろいろあると思いますが

    自分で考えて行動できるということは

    自分で物事を決められるということです。

     

    自分で決めたことは、最後までやり遂げることができますし

    その経験が子供の自信につながります。

     

    コミュニケーション能力が身に付くということは

    自分の思いを表現できるということです。

    絵や工作を通じて思いを形にしていくことで

    周りの人に伝える方法を身につけていきます。

     

    自分の思いや考えを明確に伝えることができたら

    周りの人とのコミュニケーションもスムーズにいくと思いませんか?

     

    名古屋のアトリエシャンティの子ども絵画教室では

    子供の自主性や個性を尊重して

    自由にのびのびと創作活動ができる環境を作っています。

     

     

    だから、名古屋のシャンティの子ども絵画教室に通うお子さんたちは

    いつも笑顔!そして、自分で考えて行動できるようになります。

    1477120480721

    子どもの能力を伸ばしたいという思いが強くなってしまい

    ついつい親がやってしまいがちなことがあります。

     

    「間違って覚えたらいけない」と言う考えから

    子どもの行動を親の「言葉」だけで修正しようとしたことはありませんか?

     

     

    子どもに表現力や創造力を身につけさせたいのであれば

    失敗も間違いも自分で経験して

    体と心で覚えていくことが一番の近道だと思います。

     

    もちろん、危険なことは前もって教えてあげますが

    「どうして危険なのか」「どんな影響があるのか」

    予測をできるように教えてあげることが大切ですね

    kirakira4[1]

     

     

     

     

     

    子どもを絵画教室に通わせている場合

    せっかくなら創造力を身につけて欲しいと思いますよね。

     

    子どもを絵画教室に通わせているだけで

    勝手に創造力が身につくものではなく

    やはり、周りの大人や親さんの関わり方で、結果がかなり違ってきます。

     


     

    ここで、お子さんへの関わり方で

    気をつけたい事をまとめました!denkyuu_on1

     

    image1

     

     

     

     

     

    子どもの創造力を伸ばす為に気をつけたいこと

     

    それは・・・

     

    • 教えすぎる

    教えないとわからないのではないか・・・という思いから

    子供が考える前に先に教えてしまうことや子供がやっていること

    例えばクレヨンの持ち方が違うなど口出ししすぎてしまうと

    子供は自分で考えられなくなったり

    言われたとおりにやろうとするようになります

     

     

    • 比較する

    「○○ちゃんの様にもっといろんな色を使って描いてごらん」など

    兄弟やお供だちと比較してしまうと

    子供は自信を無くしてしまいます。

    子供が表現する作品はその子そのものです。

    自分を誰かと比べられたり否定されたら辛いですよね。

     

     

    • 型にはめようとする

    リンゴは赤、空は青など

    普段ほとんどの人が当たり前に思っていることでも

    子供はその瞬間表現したいものを表現します。

    色も自由に選びます。

     

    それを大人の視点で型にはめようとしてしまうと

    子供の創造力の芽を摘んでしまうことになります。

     


     

    子供の創造力をのばしたいのであれば以上の事に気を付けて

    まずは子供の描いた絵を見ながら

    どんな気持ちで描いたのかなど

    まずは子供の思いを聞いて共感してあげる事から始めてみましょう。

    思わぬ子供の創造力に感動するのではないでしょうか?

    dsc_0644

     

    お子さんの持っている力を

    最大限に引き出したいとお考えの方には

    名古屋の子ども絵画教室がお勧めです。

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

     

    お問い合わせはこちら

    img_6827-7.jpg

    アトリエシャンティ

    TEL:058-337-5852

    MAIL:shantinews8@gmail.com

     

     

    chi

  • 本気で子供の将来を考えるなら

    断然子ども造形教室。岐阜でおすすめ!

     

    YUKI_oekakitime15145652_TP_V[1]

     

     

     

     

     

     

     

    みなさん、子ども造形教室は

    子どもにとても良い影響を与えるということをご存知ですか❓

    岐阜にあるアトリエシャンティでは

    子ども造形教室で毎月子供たちが素敵な作品を作っています。

    とは言っても、子ども造形教室ってどんなことを教えてもらえるんだろう…と思いませんか?

    「ただお絵描きや工作をするだけ?お絵描きなら家でも充分描けるだろう」

    と思っているかたもいらっしゃるかもしれません。

    でも、岐阜のアトリエシャンティの子ども造形教室は

    絵を上手に描けるようにするためだけの絵画教室とは

    “一味も二味も違う” 人気の造形教室なのです♪

     

    絵画(アート)にはこんな力があった!!

     

    アート(絵画)がもたらす効果には実はこんな力があるんです。

    「子どもが楽しい・心地よい体験の場を感じる」

             ↓    

    「意欲的に描いたり作ったりできるようになる」

             ↓    

    「自らの意志で想像しながら描いたり作ったりできるようになる」

             ↓    

    「しっかり見る力が育つ。想像力と創造性が育つ」

             ↓    

    「失敗しても、そこからどうするか・・・と言う応用力が備わる」

             ↓    

    「絵や工作が得意になる」

    「気持ちを作品に表現する力が身につく」

    こんな風に子どもにとって大切な力が身につきます。

    型にハマった絵や作品を作るのではなく

    自由にのびのび、自分の描きたいものを描く、作りたいものを作る…

    それが子供たちの将来に大きく役立つことに繋がるからです。

     

    そして、子どもがのびのびと表現するだけでなく、

    ・落ち着きのある、感情豊かな子

    ・先を見通して計画的に考えることができる子

    ・物を大切にする子

    ・柔軟な頭を持つ子

    に子どもが成長していったら、どんな場面でも乗り越えていけると思いませんか?

    「自由」と言う言葉は色んな意味で捉えられると思いますが

    岐阜のアトリエシャンティ子ども造形教室は

    「自由」=「放任」ではなく、子どもの判断や意思を尊重することで

    自立心を養い、可能性を広げ、自分らしさ、個性を伸ばしたいと考えています。

     

    ですから、何でもかんでも子どもたちに自由にやらせるというわけではなく

    きちんとルールを決めて周りのお友達とも協調・協力しながら

    自由な意思を持って創作できるようサポートしています。

    岐阜のアトリエシャンティ子ども造形教室の人気の秘密はそこにあると思います。

     

    自由放任主義で子どもを自由に育てていても

    子どもに道徳心が育たず自分の欲求をコントロールできない状態では

    安心して見守り続けることはできないですよね。

     

    子どもに自己をコントロールできる能力が身についていてこそ

    子どもの意志を尊重し、子どもを信頼し

    必要なときにだけ手を差し伸べて、見守ることができるのです。

     

    そういった環境を与えてこそ、自由にのびのびといった子育てが可能なんですね。

    岐阜の子ども造形教室に通われている方からは

    こんな声が寄せられています

     

    《岐阜子供造形教室に通うHちゃん(5歳)のお母さん》

    私がもともと絵を描くことが好きだったので

    子どもと一緒にいつもお絵かきをしていました。

     

    ただ、一人っ子なので、周りに同じくらいの年の子もいなくて

    親子だけのかかわりでした。

    幼稚園に行くまでの間に少しでも子供同士の関わりを持たせてあげたいと思い

    子どもの好きな造形教室に通うことにしました。

    少しおとなしめの性格だったのですが、子ども造形教室に通いはじめてから

    自分の気持ちをしっかり伝えられるようになってきて

    幼稚園に入るときもスムーズに友達を作っていました。

     

    通い始めて2年になりますが、今ではリーダーシップをとるくらいに変わってきました。

     


     

    こんな風にお子さんの成長が感じられるとうれしいですね♪

    気になる方は岐阜のアトリエシャンティ造形教室を1度体験してみませんか❓

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html


    アトリエシャンティ

    tel 052-778-9671

    mail  shantinews8@gmail.com

    子供の習い事なら、表現力、観察力、コミュニケーション能力が身につく子ども絵画教室!

  • 2歳から始める習い事。

    名古屋の子ども絵画教室が人気!

     

     

    「三つ子の魂百まで」と言われるように

    間の脳は3歳までに80%が完成し

    格にも3歳までの経験が深く関係していることはよく知られています。

    そして、6歳までにその子自身の考える力や

    解決する力といった能力の基礎が完成するとも言われています。

    そう考えると、どうしても小学校入学前に何か習い事をさせたい!

    と思ってしまいますよね。

    それも、できるだけ早い時期に習い始めた方が

    子どもも早く技術や知識が身に付くだろうと親は考えるものです。

    でも子供の年齢によってできることとできない事がありますし

    実際習うのは子ども自身なので、子どもの意思を尊重しなければいけません。

    そこで、子どもの年齢別に始められる習い事のまとめたものをご紹介したいと思います。

     

    〈子供の年齢別、始めるのが可能な習い事〉

    ・0歳~    「幼児教室」「英語教室」「児童劇団(赤ちゃん)」など

    ・0歳2か月~ 「リトミック」など

    ・0歳6か月~ 「水泳」など

    ・1歳6か月~ 「体操教室」など

    ・2歳~    「芸術」など

    ・3歳~    「サッカー」」「児童劇団(子ども)」

    「ピアノ」「テニス」」「野球」「ダンス」「空手」など

     

     

    0歳から習い事を始められる方もいらっしゃいますが

    2歳前後から4歳くらいまでの間に初めての習い事を始める方が多いようです。

    0歳だとどうしてもママと一緒に通うことになりますよね。

    でも2歳くらいになると子供だけで参加して

    ママは送り迎えだけでOK!ということもできるようになります。

     

    子ども絵画教室は上記のまとめでもあるように

    「芸術」と言うところなので、2歳から通うことが可能です。

    名古屋のシャンティ子ども絵画教室では託児式になっていて

    2歳から通っているお子さんもいらっしゃいます。

     

    2歳からママと離れて習い事ができるのか?と

    心配される方もいらっしゃいますが

    子どもはママの見ていない時の方がしっかりしよう!

    という気持ちになるようで、集中できるのです。

     

    最初はママと離れるのがさみしくて泣いてしまう子もいますが

    すぐに絵画教室の雰囲気に慣れてのびのびと創作活動する子がほとんどなので

    ママにとってもお子さんを信じることの大切さを体験していただけると思います。

     

    2歳から習い事を始めるメリットは?

    最近は核家族化が進んで、普段おうちの中にママと子ども二人だけ…

    というご家庭も多いと思います。

    家の中でママと子どもと二人きりで過ごすより

    外で様々な人や物事に触れる経験をさせてあげる方が

    子どもの心の成長に良い影響を与えるだろうと考えて

    習い事を始められる方もいらっしゃいます。

    そうすることで、子どもに得意な分野ができて自信につながります。

     

     

    そして、一つの目標に向かってくじけず立ち向かう心や

    自分以外の人や周囲の環境にも気を配れる幅広い認識力を養うことができます

    また、子ども絵画教室などの芸術に触れさせることで

    自分の気持ちを表現したり、考えたものを創造することができます。

     

     

    子供が表現したものを大人がしっかりと受け止め子どもの気持ちを聞くことで

    子どもの情緒が安定してきます。

    情緒が安定してくると

    周りの人への思いやりや優しい心が育ってきます。

     

    大人も自分自身が受け入れられていると感じたり

    自分の心が安定しているときには周りの人に優しくできますよね。

    習い事では、その分野の専門的な知識や能力を身に着けることの他に

    子どもの心を育む情操教育にもつながるメリットがあります。

     

    子どもの脳の発達が盛んな幼児期に

    たくさんの経験をさせてあげることが大切ですね。

     

     

    子どもに習い事をさせるときに親が気を付けること

    早い時期に子どもに習い事をさせるのはメリットもありますが

    親の関わりかた次第ではデメリットになることもあります。

    子どもによくあることですが、最初は興味津々!

     

    意欲的に通っていたのに、すぐに「行きたくない」と言い出す…ということ。

    このときは、なぜ嫌なのか子供の話をよく聞いてあげてください。

     

    話しているうちにもう少し続ける気持ちになることもあると思います。

    そして、どんな習い事でも、「上手」「下手」といった評価をせず

    どんなことをがんばったのか聞いたり、親の方から見て

    どんなことをがんばっているように感じたかを伝えてあげてください。

     

    評価ばかりしてしまうと

    子供は親の顔色をうかがうようになってしまいます。

    親に褒められるために習い事に通うようになっては子どものためにはならないですよね。

     

    子どもが習い事をするうえで一番大切なことは子供が

    「うれしい」「楽しい」「面白い」と思えるかどうかが大切です。

     

    名古屋のシャンティ子ども絵画教室では

    子どもが「楽しい」と感じることが一番と考えて指導を行っています。

    お子さんの楽しそうな笑顔を見られることが、ママにとっても一番だと思います。

     

    8c83a431f3de7729c713c935e86a24b2_s

     

    名古屋のアトリエシャンティ子ども絵画教室では

    お家のようなリラックスした空間

    雰囲気の中で子供たちが自由に創作活動に取り組むことで

    子どもの自主性や個性、協調性を育んでいます。

     

    気になる方は一度体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

    お問い合わせはこちら

    アトリエシャンティ

    tel  058-337-5852

    mail   shantinews8@gmail.com

    img_6827-7.jpg

  • 子供に人気の習い事!

    岐阜の子ども絵画教室で創造力を楽しく身につける

     

     

     

    YUKI_oekakitime15145652_TP_V[1]

     

     

     

     

     

     

    皆さんは子どものどんな能力を

    伸ばしてあげたいとお考えですか?

     

    とある企業が「子どもの絵画教育」についての

    アンケートを実施した結果があります。

     

    今の子ども達に求められている能力は何だと考えますか?

    伸ばしてあげたい子どもの能力は何ですか?

    との問いに対して

     

    1、思考力 26.8%

    2、創造力 26.5%

    3、集中力 22.8%

    4、語学力 10.8%

    5、運動能力 11.8%

     

    との結果が出ています。

    語学力や運動能力よりも、思考や創造といった考える力が求められていることがわかります。

    語学や運動もその根底には、自分で考えて行動する力や集中力が必要です。

    その能力が培われてこそ伸びる力だと思います。

     

    では、絵画を子どもの習い事に選ぶと言うことに対して色々な考え方があると思いますが

    皆さんはどんな考えをお持ちでしょうか?

    「お絵描きなら家で出きるから特に必要ない」

    「絵が上手でも学校での勉強にはあまり役に立たないんじゃないか」

     

    oekaki_enogu_girl[1]

     

     

     

     

     

     

     

    又は

    「家ではなかなか体験させてあげられないから習わせたい」

    「自分(親)が絵を描くことが苦手だから、子どもには絵心を持たせたい」

    など、色々な考え方があると思います。

    一番大切なのは、子どもが自分の表現したいことを素直に表現できるかどうかだと思います。

     

    子どもが表現しやすい環境や周りの対応があれば

    子どもはもともとお絵かきや工作が大好きなので、のびのび表現するでしょう。

    岐阜のアトリエシャンティの子ども絵画教室にお子さんを通わせている方は

    ただ単に、絵を上手に描けるようになれたら・・・

    という思いだけでなく、

    「子供がお絵描きが好きだから」

    「人見知りを改善できたら」

    「好きなことを通して自信を持ってほしい」

    といった理由で絵画教室を習い事に選ばれています。

    先日は、お子さんがなかなか集中して絵を描いてくれないので、子ども絵画教室に通うことで

    集中力がついたり楽しんで絵を描けるようになってほしいから…

    といった理由で体験を受けられた方がいらっしゃいました。

     

    お子さんが絵を描いているときは楽しそうだけれど、どうしても周りの大人が

    「いつもも同じ絵しか描かないじゃん」「そんな風になってないよ」など

    口出ししてしまうとのことでした。

     

    そのせいで、お子さんが「みんなみたいに上手く描けない」

    といって、お絵かきをやめてしまうという悪循環。

    近い存在だと、言葉を選ばずストレートに言ってしまうことがありますが、

    その一言が子どもの心を傷つけたり、せっかく持っている能力を伸ばす妨げになってしまったら…

    と思うと、子どもへの言葉かけは本当に大切だと思います。

    岐阜のアトリエシャンティの子ども絵画教室では、型にはまったやり方は無いので

    子供たちには自由に表現させています。

     

    言葉がまだつたない幼児にとっては

    自分の表現したいものを色や形で表現することは

    とても貴重な体験の場になると思っています。

     

    親さんから見たら、ただのなぐり描きに見える絵も形になっていない作品も

    お子さんの精一杯の表現ととらえて受け止めてあげることが大切です。

    子どもが絵画を習うことのメリットは何?

    お絵描きや工作が好きな子も、そうでない子(描けないから嫌いという子)も

    「楽しい」と思えることが大切です。

    楽しいと感じられるためには、決して子供の作品を評価しないことです。

    「自由に描いていいよ」と言われると何を描いていいのかわからない子もいますが

    何かきっかけを作ってあげることで、子どもはどんどん発想を膨らませていきます。

     

    「今日は〇と△と□を使って描いてみよう!」と伝えて、講師が少しだけ見本を見せます。

    すると、何を描いていいかわからなかった子も、少しずつ描きはじめます。

    そのあとは、子どもがどんなイメージを持って描いたのか、話を聞いてあげます。

    「そうなんだ。これはこんな風に見えるね」なんて、講師の感じたことも伝えてみます。

    するとそこからまた、イメージが膨らんで表現し始めるようになります。

    こんな風にかかわることで、子どもは自分の考えていることや思っていることを

    自由に表現できることに楽しさを覚えます

    そして、認めてもらえることで自信がついてきます。

    想像力が身に付くと、相手の立場にたって考えられるようになり周りへの思いやりの心が培われます。

    表現力が身に付くと、周りとのコミュニケーション能力が培われます。

    想像力が身に付くと、困難に出会った時に工夫して乗り越える力が培われます。

    お絵描き教室は、絵を上手に描けるようになるための習い事ではなく、

    子どもが大人になって必要となる力をはぐくむための習い事だと思います。

    とことん、子供が主人公の岐阜のアトリエシャンティ子ども絵画教室

    幼児だってここまで出きる!と言う可能性を引き出します✨

    子供の習い事として絵画教室が選択肢に無かった方も、気になっていた方も

    お絵描き好きにはたまらない子供絵画教室の体験を受けてみてはいかがでしょうか?

     


     

     

    子ども絵画教室について

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

    お問い合わせはこちら

    アトリエシャンティ

    tel   058-337-5852

    mail   shantinews8@gmail.com

     

     

    C.H

  • 笑顔がいっぱい!

    元気があふれる岐阜の子ども造形教室。人気の秘密は?

    image1-1

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こどもまだ1歳~2歳くらいの時期だと

    大人が字を書いていると紙とペンをほしがり殴り書きをして遊ぶようになります。

    それが文字に見えたり、絵に見えたり

    どんなものを描いても見ている大人は褒めてあげますよね。

     

    ところが、3歳、4歳と保育園幼稚園に行くようになるころに

    子どもにちょっとずつ変化が見えてきます。

     

     

    お絵描きや工作をする環境を与えてもなかなか描けない・・・

    なんでも好きなもの描いていいよ!と伝えているのに描こうとしない・・・

    人のまねをしたり何かを見て絵を描いたり物を作ったりするけれど

    アドリブでは描けない・・・

     

    おうちでの様子だけでなく、幼稚園の先生からお子さんの様子を聞いたりして

    この子は絵が描けない、工作や造形は苦手なんだな と決めつけてはいませんか?

     

     

    子どもが自由にのびのび絵を描いたり工作するために…

     

    子どもは最初から絵や工作(造形)が嫌いな子はいないんですよ。

    子どもは本当は最高の表現者です。自由な表現力をもっているものです。

    子どもが絵を描かなくなったり、工作を嫌いになってしまうのには理由があります。

     

     

    子どもが描いている絵を見て

    「そこは違う、こうやって描くんだ」

    「そんなやり方じゃできっこない」と指摘してしまう

    そんな経験はないでしょうか?

     

    oekaki_enogu_girl[1]

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    実は、大人が見ているものと子供が見えているものは同じではありません

    大人の視点で評価したり、手出し口出ししてしまうことが

    子どもを絵画や造形の世界から遠ざけてしまうことになるのです。

     

    絵がうまく描けなくても、工作や造形がうまくできなくても、

    学校の勉強や将来の仕事にはあまり影響はないと思う方もいらっしゃると思います。

    確かに絵がうまくなくても大丈夫です。

     

    でも、岐阜のアトリエシャンティの

    子ども造形教室が大切だと感じるのは、周りの目や意見、評価を気にせず

    自分の思いや考えを持ってそれを表現できるかどうかなんです。

     

     

    子どものころに人と比べなくて良い

    自分の意見を持って表現(伝える)する感覚が身につけば、

    大人になって周りの目を気にしすぎて何も言えない

    何もできないといったことにはならないと思います。

    創造力=上手に描ける(造る)力というのではなく

    創造力=何もない所からでも作り出せる力ではないでしょうか?

     

     

     

    image2

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    岐阜のアトリエシャンティの子ども造形教室に通う子供たちは

    実に元気いっぱい、常に笑顔を見せて

    楽しそうにお絵かきや工作(造形)をしています。

     

    周りの評価を気にする子はいません。

    なぜなら、岐阜のシャンティの子ども造形教室では

    子供たちの表現する絵はその子そのものだと受け止め尊重しているからです。

     

    子供は自分の頭の中にあるもの、考え、ひらめきなどを絵や工作で表現します。

    ということは、子どもが作り出す作品は

    当然その子そのものと言っていいですよね。

     

    自分の考えや思いを受け止めてもらえたら

    うれしいですし、安心します。素直に表現しようと思います。

     

    大人同士の関係でも

    同じように自分を理解しようとしてくれる人には信頼を寄せますよね。

     

    最初は周りの目を気にして何を描いていいのか迷っている子も

    岐阜の子ども造形教室に通い続けるうちに

    すらすらとクレヨンや絵の具で描き始めたり、作るようになりますよ。

      

    岐阜の子ども造形教室に通っている方の声

    (岐阜市在住 7歳 女の子)

    「以前は、あれはダメ、それはダメとついつい口出ししてしまって

    子どもが楽しくなさそうでほとんど自分から絵を描いたり作品を作ったりしなかったのですが

    子ども造形教室に通い始めてからは

    子どもが自分から意欲的に描いたり作ったりする姿が見られるようになりました。

    造形絵画教室だと、こどもが思ったままを表現させてくれる環境みたいで、よろこんで話をしてくれます

     

     


    (岐阜各務原在住 5歳 男の子)

    「最初は家ではなかなかできない事を造形絵画教室だったら思いっきりさせてもらえると思い

    お絵描きや工作が大好きな息子にはもってこいだと思って通い始めましたが

    通っているうちに、造形絵画教室へのとらえ方が変わってきました。

    造形絵画教室は、絵の正しい上手な描き方を教えてもらうところではなく

    描いた絵を直してもらうところでもなく、子どもたちの表現したいことを思う存分に描かせ

    子ども本人の芸術性を引き出し伸ばす場所を提供してくれるところなんだと感じるようになりました。

    もともと描いたり作ったりすることが好きな息子ですが

    大人では思いつかない発想で身近にあるものを駆使して色々なものを作ろうとします。

    集中力もその時だけはすごいんです」

     

    絵が上手になることよりも大切なことは?

    それは、子供が “誰にも気兼ねなく自分を表現できること” だと思います。

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

     

    DSC_0111[2]

     

     

     

     

     

     

     

     

    子供の笑顔を引き出す

    キッズ絵画教室!

    体験レッスンのお申し込みはこちら

    アトリエシャンティ

    TEL:058-337-5852

    MAIL:shantinews8@gmail.com

    C.H

  • 名古屋で人気の子ども絵画教室♪

    子供がのびのびとできる子ども絵画教室

     

    お子さんにのびのびと育ってほしいなと願われるお母さんは

    多くいらっしゃるのではないでしょうか。

     

    *のびのびと育ってほしいけど

    どう関わったらのびのびと育ってくれるだろう

     

    *家では自由に楽しそうにしているけど

    外に出たら周りの目を気にして家での様子とはまるで違う…

    どうしたら外でも楽しそうにしてくれるだろう…

     

    *もっとゆったりと関わってあげたいのに

    自分に余裕がないとつい怒ってしまう

     

    お子さんがいつも笑顔でいられるようにしてあげたいからこそ

    いろいろと悩まれると思います。

     

     

    お子さんがのびのびとできるための

    ちょっとしたポイントをお伝えしたいと思います。

     


     

    お子さんがのびのびとするための関わり方のポイント その1

    周りと比べない

     

    お子さんが何かをしたとき、周りと比較することはありませんか?

    お兄ちゃんはこれができるのに、この子はできてない。

    同い年の○○ちゃんに比べてうちの子は・・・なんて。

    周りと比べられると子どもはだんだんと自信を失っていきます。

    自分でも周りと比較してしまうから

    何かを作っても見られないように隠してしまったり

    捨ててしまうこともあります。

    周りと比較せず「○○ちゃんのここがすごいね。」と

    お子さんの長所をほめてあげてくださいね。

    長所をほめられるとお子さんは

    自然と他のことも頑張ろうとしていきますよ。

     

     

     

    お子さんがのびのびとするための関わり方のポイント その2

    否定しない

     

    お子さんが何かをしたとき「あれはダメ」「これもダメ」と

    ついつい言ってしまうことはありませんか?

    家事に育児、忙しいと余分な仕事を増やさないでと思って

    ついつい言いたくなってしまいますよね。

    子どもの行動には何かしらのメッセージがあります。

    気持ちの余裕があるとき、なぜそのような行動をしたのか

    「どうしてそうしたのかなぁ」とお子さんに問いかけてみてください。

    最初は応えてくれないかもしれませんが

    何度か繰り返していくときっとお子さんからのお返事があるはずですよ。

     

     

    それでもどうしたらいいのかわからない

    もっとのびのびとさせてあげたいと思われるのでしたら

    名古屋で人気のアトリエシャンティの子ども絵画教室はいかがでしょうか。

     


     

    アトリエシャンティの子ども絵画教室が名古屋で人気の理由 その1

    子どもの自主性を大切にしている

     

    子どもたちの好きなこと、やりたいことを尊重するようにしています。

    作品のテーマは決まっていますが、「これやりたい」「こうしたい」という子もいます。子ども達の意思を聞きながら、やりたいことができるようにしています。

     

     

    アトリエシャンティの子ども絵画教室が名古屋で人気の理由 その2

    子どもの個性を大切にしている

     

    子どもの個性はそれぞれ。作品にも子どもの個性があふれています。

    「○○ちゃんのこれ、いいねぇ」と言うと子どもたちは嬉しそうに作品を見せてくれます。

    太陽は赤じゃなきゃダメだよなどこうじゃなきゃダメと言われることはないから、子供たちは自由に自分の好きを表現してくれます。

     

    子どもたちは好きなことを自由に表現できるから

    のびのびと作品を作っています。

    その子供たちの表情は笑顔いっぱいです。

    迎えに来たお母さんに「見て~」と作品を自慢している姿が♪

     

     

     

    アトリエシャンティは子どもたちの自主性、個性を大切にしています。

    お子さんをのびのびさせてあげたいと思われるのでしたら

    一度アトリエシャンティの子ども絵画教室を体験してみてはいかがでしょうか?

    気になりましたらお気軽にお問い合わせください。 

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

    img_6827-7.jpg

    アトリエシャンティ

    tel  058-337-5852

    mail  shantinews8@gmail.com

  • 子どもが通いたくなる習い事!

    岐阜で人気の子ども絵画教室

     

    image2

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なぜ子どもに習い事をさせたいの?

     

    お子さんに何か習い事をさせたいというとき

    こんな心配はありませんか?

     

    ・本当にわが子に向いている習い事だろうか

    ・子供が嫌がるのを無理やりさせているかもしれない

    ・いろんなことをやりたがるけれどみんな中途半端

     

    などなど・・・

     

    そもそも、なぜ子どもに習い事をさせようと思うのでしょうか?

    子ども自身が「やりたい!」と言った場合でも

    親が勧める場合でもどちらにしても

    子供が好きなことや得意なことを通して自信を持ってもらいたいと願う

    親心があるからではないでしょうか?

     

    ピアノ、英語、スイミング、絵画など

    習っていることが上達する為に習わせたいですし

    欲を言えば将来その分野で才能を発揮できるレベルまでになってくれたらなぁ…

    と思うこともありますよね。

     

    でもここで注意したいのは、親が「上手くなる為に…」

    というところに固執してしまわないことです。

    そうなってしまうと楽しいはずの習い事も

    子どもにとっては窮屈になってしまいます。

     

    「いつか役に立つだろう」というゆったりした視点で捉えて

    親子で楽しむことが大切だと思います。

     

    習い事のゴールは「上手くなる」ことではない

    どんな習い事も、子どもがいろんなことに興味を持つ中の一つと捉えると良いと思います。

    一つの習い事がきっかけで、子どもの視野が広がる可能性があるのです。

     

    例えば、子どもに絵画を習わせるとします。

    車などの乗り物が好きな子は、普段から乗り物をよく観察しています。

    それを絵で表現したり、形に表します。

    そのときには、頭の中で色んな想像を膨らませているのです。

    外観だけでなく中身の構造に興味を持ち始める子も出てくるかもしれません。

     

    YUKI_oekakitime15145652_TP_V[1]

     

     

     

     

     

     

    絵画教室を通して、他のことに興味を持つキッカケとなることもありえるのです。

    そして、どんな習い事でもやり始めると

    思い通りにできない壁がやってきます。

     

    自分がどこまでできるのかを知る。自分が好きなこと

    やりたいことであれば何度も

    チャレンジしてできないことをクリアしていく場合もあります。

    またはそこで、得意不得意、好き嫌いを実感し

    自分のことを知っていく機会にもなるのです。

    image2

     

     

     

     

     

     

     

     

    習い事をすることでの一番のメリットは

    そこに通う友だち、先生との出会いなのではないかと思います。

    人が生きていくうえで大切なのは、周りの人との良好な人間関係ですよね。

    幼いころからたくさんの大人や子どもと出会い

    その人たちから良いところを学んでいくことは

    子どもにとって将来役に立つ最大のメリットではないでしょうか?

     

    image3

     

     

     

     

     

     

     

     

    アトリエシャンティの

    子ども絵画教室が大切にしていること

     

    岐阜のアトリエシャンティ・子ども絵画教室では

    子どもが絵を描くことが楽しい!と感じるられる環境つくりを大切にしています。

     

    絵画教室に来てお友達と一緒に作品を作ることが楽しみな子もいれば

    自分の思うように作品を完成させることで楽しさを感じる子もいます。

    私たち大人が、一人ひとりの個性や気持ちをくみとりながら接することで

    子供たちは自分らしく表現していくようになります。

     

    岐阜の子ども絵画教室に通っている女の子(8歳)

    との会話の中でこんなやり取りがありました。

    Tちゃん「私工作にがて~」

    講師「苦手だから、絵画教室で練習してできるようになろうよ」

    Tちゃん「私、工作が上手くなる為に通ってるんじゃなくて、自由になれる場所だから通ってるの~」

    講師(にっこり)

    Tちゃんだけでなく子供たちにとって

    「自由になれる場所」、上手い下手といった評価を気にせず

    自由に自分を表現できる場所。

     

    だからこそ、体験レッスンで初めて訪れた子供たちが

    「また来たい」「また来るね」といって通える習い事なんだと思います。

     

    image

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    《岐阜の子ども絵画教室に通っているRちゃんのお母さんの声》

     

    他の習い事に体験に行ったときは

    なかなか私から離れられず行くのを嫌がったので

    最初は不安もありましたが、子供絵画教室は毎回行くのを楽しみにしています。

    その姿を見ると、通わせて良かったと思います。

     

    最近は自分の意志をしっかり伝えられるようになって

    内弁慶だった子が積極的になってきた気がします。

    絵画教室での写真を拝見するとみんなと楽しそうにしている様子が伝わって来ます。

    周りのお友だちの影響も大きいと思います。

    とおっしゃられています。

     

     

    お子さんの自主性を伸ばし

    楽しく長く続けられる習い事をお探しなら・・・

     

    アトリエシャンティ キッズ絵画教室へ

    お問い合わせはこちら

    tel 058-337-5852

    mail shantinews8@gmail.com

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

  • 託児で自立、子供の習い事。

    ママが安心して子供に習い事をさせるために大切なこと。

     

    お子さんに何か習い事をさせたいと思う時に

    保護者の方が感じる不安はいろいろあると思いますが

    今回は親と離れることに不安を感じてしまったり、

    泣いて親と離れられないのではないか…といった不安についてお話したいと思います。

     

     

    習い事に限らず、保育園や幼稚園に入園するときや

    親の都合でどうしても一時的に託児を利用しないといけなくなったりと

    子どもがママと離れて過ごすことは必ずやってきます。

     

    初めての託児の時にはママと離れることがさみしくて不安で

    泣いてしまう子がほとんどだと思います。

    そんな姿を見るとママもなんだか悪いことをしているようで

    託児に対して抵抗が出てきたりしますよね。

     

    でもここで大切なのがママの気持ちなんです。

    ママ自身が「さみしい」「大丈夫かな」「不安だな」とネガティブになってしまったり

    託児に預けている間ずっとずっとお子さんの事ばかり心配していて

    何も手に付かない…といった状態では、その気持ちが全部お子さんに伝わってしまいます。

     

    ママの心と子どもの心はまさに以心伝心。

    ママが不安だと子供ももちろん不安になってしまうんです。

    ママと離れて過ごす経験は子供にとっても

    ママにとってもお互いが成長出来る最高の時間だと思って乗り越えてほしいと思います。

     

     

    岐阜のアトリエシャンティ子ども絵画教室では

    2歳から通い始めるお子さんもいらっしゃいます。

    まだ未就園児でママと離れるのが初めてというお子さんは泣いてしまう場合もありますが、

    それも最初だけ。周りのお友達の様子を見ながらお絵描きに夢中になって

    ママがお迎えに来るときにはニコニコ笑顔です。

     

    子どもが好きなことを習うことでママと離れるさみしさを紛らわせることもできますし

    保育園や幼稚園入園前にママと離れる体験をしておくことは

    入園後にも大変役に立つと思います。

     


     

    use_10367007151

     

    託児式習い事、子ども絵画教室のメリットは?

    最近は核家族化が進み、普段はママと子どもの二人だけで過ごしているという

    親子も少なくないのではないでしょうか?

     

    家の中で遊んでいるだけだと遊びがマンネリ化してしまいますし

    かといって頻繁にどこかに連れて行くのも大変です。

     

    その点、託児式の習い事に通うことは

    子供にとって良い刺激になるのではないでしょうか?

    託児だとお子さんの様子が見られないという心配もあるかと思いますが

    ママと離れて過ごすことのメリットもたくさんあるんですよ。

     

    岐阜のアトリエシャンティ子ども絵画教室では

    下は2歳から、上は12歳までと幅広い年齢層のお子さんが通っています。

    中には兄弟で通われている方もいらっしゃいます。

    そんな色んな年齢の子どもたちの中で

    影響を受けほかの子の真似をすることで学習していきます。

     

    1458648714741.jpg

     

    子どもはママがいるとどうしても甘えてしまうことがありますが

    ママがいないことで「しっかりしよう」という自立心が芽生えます。

    ですから、託児レッスン後の様子をお話しすると

    おうちでは甘えん坊なのに絵画教室では

    全然違っているという場合もよくあります。

     

     

    未就園児の子にとって

    ママと離れる託児の時間は慣れるまでは辛いかと思いますが

    大好きなお絵描きに集中している間に時間が過ぎていきます。

    なので、入園前にママと離れるための練習にもなって

    「ママと離れていても大丈夫、安心、楽しい」といった思いが育ち

    実際入園するときにはスムーズに園生活がスタートできます。

     

     

    そして、90分という時間ではあるけれど

    ママにとっては少しだけでもゆっくりと過ごせる時間が持てることは

    子育てにゆとりが持てるのではないでしょうか?

     

     

    岐阜のアトリエシャンティ子ども絵画教室の講師は

    児童心理カウンセラーの資格を持っていますので

    子育ての相談にも乗ることができます。

     

    託児レッスンの間のお子さんの様子をお伝えしたり

    ママだけでは気づかないお子さんの小さな変化にも気を配ることができます。

     

    wp-image-61458544jpg.jpg

     

    2歳から通っていたK君

    泣き虫から優しいお兄ちゃんに…(岐阜子ども絵画教室)

     

    岐阜の子ども絵画教室に、2歳から通っていたK君。

    最初は泣いてばかりで講師にくっついている状態でしたが

    3歳のころには教室で一番の元気キャラ。

     

    幼稚園入園後はお友達もたくさんできて

    子ども絵画教室に新しく入ってくるお友達に

    優しく接してあげるお兄ちゃんキャラに成長しています。

     

    K君のママは、アトリエシャンティの子ども絵画教室が

    託児式というところで、通わせることを決断されたそうです。

    ママと離れるときに泣いている様子を見て

    きっと心が折れそうな時もあったと思います。

    でもそれを乗り越えてお子さんの成長を喜ばれています。

     

    wp-image-217397680jpg.jpg

     

    岐阜のアトリエシャンティ子ども絵画教室では

    お家のようなリラックスした空間、雰囲気の中で

    子供たちが自由に創作活動に取り組むことで

    子どもの自主性や個性、協調性を育んでいます。

    気になる方は一度体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

     

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/kids/pg9681.html

    お問い合わせはこちら

    アトリエシャンティ

    tel  058-337-5852

    mail   shantinews8@gmail.com

    img_6827-7.jpg